ダウンロード

UP Studio For Windows

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
UP studio for Windows(64bit) Version:1.9.2.2 NEW!!
UP studio for Windows(32bit) Version:1.9.2.2 NEW!!

更新点 Version1.9.2.2:
1.プリセットの基本図形の3Dデータをさらに追加。
2.印刷設定のUIが変更されました。
3.プレビューの種類、造形モデル寸法の簡易設定が追加されました。
4.その他細かい不具合を修正。

更新点 Version:1.6.1.2:
1.プリセットに基本図形の3Dデータを追加。
2.造形物の密度設定の選択肢が増えました。
3.印刷時詳細設定に[Easy to peel]追加。チェックを入れるとサポート材が剥がれやすくなります。
4.その他細かい不具合を修正。

更新点 Version:1.5.1.1:
1.[Nozzle Detect]での測定後UP Flex(造形シート)の有無を選択するチェックボックスを追加
2.印刷時メニューに[Nozzle offset]を追加。
3.その他細かい不具合を修正。

更新点 Version:1.2.1.6:
1.UP BOX、UP Plus2、UP mini、UP mini2のすべてのユーザーが使用できます。
※ユーザー登録とログインが必要です
2.最大の特徴は印刷温度が自由に設定できるようになりました。
3.日本語も選択可能になりました。

UP Studio For Windows は仕様により、「WindowsXP/Vista」には対応しておりません。対応するOSは、「Windows7 SP1」以降となりますのでご注意ください。

UP! For Windows

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
UP! Installation Executable For Windows Version:2.18

更新点 Version:2.18:

更新点 Version:2.17:
1.0.5mm前後の薄い壁の造形が可能になりました。
2.テーブル水平補正は-1mm~1mmまで可能になりました。
3.ABS+素材が追加されました。注意:弊社サイトで販売しているオリジナルABSは現在すべてABS+となっております。
4.0.1mmピッチでの印刷時、表面に穴が開くバッグを修正しました。
5.プリンターパーツの3Dデータを更新しました。

更新点 Version:2.15:
1.印刷品質にTurbo(ノーマルより30%早い)選択肢が追加されました。
2.UP BOX使用中、画面上のセルボードビスが表示されます
3.「設定」→「水平自動調整」押すとキャリブレーションから自動ノズル高さ測定まで行います。
4.「設定」→「プリンター」で複数台繋げて操作可能です。

更新点 Version:2.13:
1.新しいCPUに対応しています。ソフトの表記ではUP Plus 2 (A)になりました。
2.オートキャリブレーションとノズル高さ測定を含め、いくつかバグを修正されました。

更新点 Version:2.12:
ソフトインストール中、ドライバーが自動的に認識されるようになりました。
PLA印刷のパラメータを調整しました。
プラットフォーム、ノズルの温度が右下のプロセスバーにて確認できるようになりました。

更新点 Version:2.11:
PLAに対応いたしました。

更新点 Version:2.03:
専用ソフトは日本語表記になりました。
言語切替方法:ソフトを立ち上げ「ctrl」+「Alt」+「J」を押してください。
その後一度画面を消して再度立ち上げると日本語表記になります。
(英語に戻す場合「ctrl」+「Alt」+「E」で同じ操作してください)

UP Studio For Mac

ダウンロード UP Studio For MAC OSX
※Mac App Storeへ移動します。
※Mac App StoreからUP Studioをダウンロードするには、Mac OS X 10.6.6以降が必要です。

更新点 Version 1.6.0
1.G-code プリントができるようになりました。
2.「Vertical Calibration」が追加されました。
3.「Notification」が追加されました。

UP! For Mac

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
UP 2.15 Software for Mac Version:2.15

更新点 Version:2.1.5:
1.印刷品質にTurbo(ノーマルより30%早い)選択肢が追加されました。
2.UP BOX使用中、画面上のセルボードビスが表示されます
3.「設定」→「水平自動調整」押すとキャリブレーションから自動ノズル高さ測定まで行います。
4.「設定」→「プリンター」で複数台繋げて操作可能です。

更新点 Version:2.1.3:
PLA印刷のパラメータを調整しました。
プラットフォーム、ノズルの温度が右下のプロセスバーにて確認できるようになりました。