3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case
3D-001-case

UP Plus2専用ケース

3D-001-case
  • 商品詳細

お客様のご要望にお応えして
UP Plus2専用ケース登場!

ABS樹脂で大きな造形物を作製する場合、外部の微妙な温度変化などにより、造形が不安定になる場合があります。
軽減するには、まずプリントする前にプラットフォームを十分予熱し、プラットフォーム周辺の温度が変化しないように環境を整える事が重要でした。
今まで「UP Plus2」には外側ケースがないため、外部環境の影響を受けやすく造形物を100%の環境で作製しづらい状態でした。

そこで、今回お客様のご要望が多かったオプション「UP Plus2専用ケース」を作製致しました。
素材は塩ビ樹脂の為、燃えにくく作業場所で安心してお使いいただけます。
また、透明なので造形物の作製工程をしっかり把握できます。

こちらの商品はメーカーより直送の為、代金引き換え払いができません。
その他の商品と一緒にご購入希望の方で代引きを希望される方は、大変お手数ですが、別々にご注文ください。

専用ケースをご購入されたお客様の声

ケースが届きました。
ありがとうございました。

早速、大きめの部品を作成してみましたが、オープンの状態と比較して、変形も少なく比較的安定した成形品を得る事ができました。

特許などの問題があるのかもしれませんが、本来の性能を発揮するためにはケースは必要だと思います。

ケース内部の温度は成形時に38~43℃程度で安定するようです。
ヒーターを入れてもう少し温度を高めにして見たいのですが、プリンターの基板に影響があるといけないので、しばらくはこの状態で運用してみようと思っております。

また、今回、業務用途で幅が250mmを超える部品を、分割して貼り合せるという手法で作成しておりますが、カバーが無い時には、テーブルからの剥離と成形途中にサポートから剥がれるという現象で、苦労しておりました。
カバーがあれば、これらの現象を軽減する事ができるものと思っております。

2014年3月ご購入 K様

UP Plus2専用ケース
こちらの商品はメーカーより直送の為、代金引き換え払いができません。
その他の商品と一緒にご購入希望の方で代引きを希望される方は、大変お手数ですが、別々にご注文ください。
商品詳細はこちら
在庫状態 : 在庫有り
¥18,333(税別)
数量 レジに進む

カートの中カートの中

  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)